*

システムサイズとブレードサイズ

公開日: : 最終更新日:2013/10/18 スピードスケート

システムサイズとブレードサイズ
こんにちわ

スピードスケート専門店 Speed Starの中山です。

梅雨入りしましたね。
練習環境が屋外、室内と変わることから、
練習メニューも右往左往すると思います。

室内は室内ならではの練習ができます。
こういう時にしか考えつかない練習メニューや
新たな技術って多いので、練習メニューを考える指導者は
適当な筋トレをするのではなく、
是非、「なにをすべきか」を一生懸命考えて練習メニューを考えていただきたいと思います。

さて、今日はロングトラックでよく話になる、
靴のサイズとスラップシステムのサイズとブレードサイズについてお話したいと思います。

よく、
「BONTのサイズ34を履いているのですが、ブレードはどれがいいでしょうか?」とか
「Vikingの靴のサイズが39なので、新しいブレードの39でお願いします」とか

このような質問をよく受けます。
私はこの手の質問を受けるときに、非常に悩ましく、心配していまいます。

なぜかというと

靴とスラップシステムは非常に重要な関係性を持ちますが、
スラップシステムとブレードのサイズはまったく関係がないからです。

例えば、

 性別:男性
 キャリア:全日本トップで有数の豪脚の持ち主
 足のサイズ:39

の選手と

 性別:女性
 キャリア:初心者、 スポーツ自体が初めて
 足のサイズ:39

の選手がいたとします。
(この時点でもう言いたいことはわかりますよね、、、)

靴のサイズは、足のサイズで決まりますから、二人とも39でしょう。

では、ブレードのサイズはいかがでしょうか?
ここまで強烈に脚力が異なる選手が同じブレードの長さを使用することが普通と考えられますか?

結論を申し上げあると、
ブレードの長さはスケーティングフォームや脚力と相関関係にあり、
靴のサイズとはまったく相関関係にはないのです。

この視点で各メーカーの分析を行うと、

メイプルは一つのシステムのサイズに、3つくらいのブレードサイズを選択できます。

バイキングはシステムのサイズとブレードのサイズは基本的には1対1ですが
個別に発注は可能です。時間がたくさんかかってしまいますが、、、

マーケージは、150mm、165mm、180mm、195mmとシステムと
ブレードのサイズを選択することができます。

といったように、各メーカー選択肢を保有していることからも
ブレードの長さと靴のサイズには相関関係がないことがわかります。

自分に合った靴のサイズ、
自分に合ったブレードの位置、
自分に合ったブレードのサイズ
自分に合ったバネの強度

を知るほうが、これまでたくさん論じているロックうんぬんよりも
遥かに記録に直結しますので、こだわり抜いてください。

追伸1 
 些細な質問が、実は重大な質問の場合がよくあります
 どんなことでも遠慮なく、そして気楽に質問してくださいね

追伸2
 すぐに欲しいという声があまりに多いので、一部商品のみ、在庫を持ち始めました。
 靴やブレードを期待している方もいらっしゃるかもしれませんが、
 そこはまだ先です、、、すいません、、、
 砥石、や砥ぎ台など、これまでオススメしてきた速くなるための必須アイテムの
 一部を在庫として持っています。
 
 最短で翌日にお届けできます。

 在庫品はこちら
  http://office-speedstar.com/?tid=2&mode=f5

小学生中学生向けスピードスケート用品販売

関連記事

no image

北海道遠征まとめ

北海道遠征まとめ こんにちは スピードスケート専門店 Speed Starの中山です。

記事を読む

研ぎ台の角度は90度!!!

来週から大寒波が来るそうです。 愛知県でも最低気温が0度近くなると言うことで、かなりさむくなるそう

記事を読む

細かい粒度の砥石の使い方と必要性

スピードスケートの研磨で砥石は非常に重要な道具です。 当ショップで勧めているのDMT社の砥石(

記事を読む

スピードスケートショートトラック用ヘルメットの新商品

ショートトラック用のヘルメットで新商品がでました。   メーカー : EVO

記事を読む

スピードスケート新ブレードが凄すぎる

スピードスケートワールドカップで男子の単距離が好調なようですね。しかも二人とも落ち着いたレースにも関

記事を読む

no image

マーケージのブレードは素晴らしいかも

スピードスケート専門店 Speed Starの中山です。こんばんは。 マーケージの商品

記事を読む

スピードスケート無料のラップ板  練習の環境整備に必須

ラップ板について、練習で重宝していると思います。 どのくらいのペースかを把握することはスピード

記事を読む

no image

2017シーズンに向けて 押入れから出して!!

身体を本格的に苛め抜いている時期でしょうか? もしスタートが早かった選手がいらっしゃったら、

記事を読む

no image

Viking Nanoflexのロック加工をしました。

Viking Nanoflexのロック加工をしました。 スピードスケート専門店 Speed Sta

記事を読む

no image

年末のごあいさつ

今年一年大変お世話になりました。     オリンピックイヤーと

記事を読む

小学生中学生向けスピードスケート用品販売
小学生中学生向けスピードスケート用品販売
no image
2018年シーズン準備を開始しよう

沖縄、九州が梅雨入りしましたね 5月は非常に暑い日も多く、

no image
世界オールラウンド選手権お見事

日本国内はすっかり春に向けて、 日々暖かくなってきているように思

no image
ロングトラックはシーズン終了でしょうか

ロングトラックはシーズン終了でしょうか。   &

no image
氷との対話

平昌オリンピックも終わりますね   冬季オリンピ

no image
大興奮の男子500m

  シーズンも終盤に差し掛かりました。 当ショッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑