*

研ぎ台の角度は90度!!!

公開日: : スピードスケート

来週から大寒波が来るそうです。
愛知県でも最低気温が0度近くなると言うことで、かなりさむくなるそうです。
北海道や東北、甲信越地方などは半端ない寒さではないでしょうか。

 

 

地方での屋外リンクが続々と開いています。
これに伴ってか、駆け込みでの靴やブレードの注文、
あと、多いのが研ぎ台、砥石の注文が本当に多いです。

マーケージの靴の34(215mm)、35(221mm)は常に在庫として持っておこうと思っていますので、是非お問い合わせしてみてください。
また、DMTの砥石や、ルピーのサイドストーン、ブラックホークの研ぎ台はおそろしいスピードでクチコミで広まっているようで、
仕入れても仕入れても、手元にほとんど残らない状況です。

 

 

おそらく恐ろしく早く、綺麗に研磨できて、
恐ろしくスピードがているのでしょう。

 

 

 

さて、本日は研ぎ台の角度のお話になります。

 

 

 

当ショップは一貫して、ペニートンのブラックホークをお勧めしています。
他の研ぎ台は一切お勧めしていません。

 

 

理由は二つです。
1. ブレード部分とチューブ分の2点で固定できるため、
ブレード研磨麺の仕上げが他研ぎ台と格段に違うから
2. 狙った角度で研磨ができるから

以上の二つです。

 

 

 

研磨をするうえで、皆さん90度に異常な執着を持っていますが、
角度よりも、「しっかり固定して、滑走面を綺麗に研磨する」ことのほうが、
何十倍も重要です。

 

 

 

でも今日は角度の話です(笑)

 

 

 

ちなみに私はこちらの分度器を使用しています。
20141129_224933

当ショップでロック、曲げを加工させてもらう際、
及び、研ぎ台を購入される方で、当ショップにブレードを送付いただき、
角度調整まで依頼される場合、こちらの分度器できっちり角度を設定します。

 

 

 

 

「なるほどなるほど、やっぱりこのショップは分度器できっちり角度を設定してくれているんだ」だと、この記事はなんにも面白くなく、つまらない内容でしょう。

 

 

 

 

本日は何を申し上げたいかというと、「研ぎ台の角度は90度!?」です。

ロングトラックも、ショートトラックも、左回りの競技で、ブレードのエッヂ部分も、右足のインエッヂと、左足のアウトエッヂが圧倒的に使用されます。

 

 

 

直線だけの競技なら、両足、両エッヂとも均等に使用されるので、おそらく90度がバランスが良いセッティングでしょう。

 

 

 

バイクに例えると、鈴鹿8耐等に使用されるこのようなバイクのように、コーナーが左右様々あるので、垂直のバランスを保つよう作られています。
do_agus101222_03

 

 

知っている人は知っていると思うのですが、バイクの世界にもスケートのように、左回りしかない競技があります。
「オートレース」という競技で、そちらに使用されているバイクはこんなバイクです。
(良い写真が見つからなかったので、動画になります、、、適当にご覧いただき、「こんな形か」というのが伝わればと思います。)

 

 

 

 

初めてこれを見た時、「これだ!!!」って思いました。
私はショートトラックに関わっていたので、特にコーナーリングは生命線ですので、
ここにどれだけのこだわりを持てるかが勝敗を分けると言っても過言ではありません。

 

 

このオートレーサーもコーナーリングでスピードが落ちないようなセッティングになっています。

 

 

 

本日何を一番申し上げたいかというと、冒頭申し上げた、「90度が果たして正しい角度なのか?」ということです。

 

 

 

現状では、ショートトラックではグリップ力を増長させる為に、より鋭角にしています『89.5度~89度』です。

ロングトラックは90度で設定しています。

 

 

 

ショートトラックも、89度と鋭角にしていますが、グリップ力が増長する代わりに、氷に食い込む量も多くなる為、

抵抗も比例して発生しているはずです。この状況も理解した上で、現状では89度を採用しています。
っが、もしかしたら91度の方が抵抗が少なくスピードがでるかもしれませんし、95度の方がもっとスピードが出るかもしれません。

 

 

 

ロングトラックも同じことが言えます。

左右対称の運動をする競技ではありませんので、スケーティング技術(クロス)も左だけですよね。
右のクロスが上手な選手っていらっしゃいますか? ほとんどの方は「できる」方で、「上手」とは口が裂けても言えないはずです(笑)

 

 

ブレードについても、コーナーリングしやすいように、曲げを入れますよね?

 

 

 

にも関わらず、なぜに研磨角度は90度なのでしょうか?

 

 

 

ここまで申し上げといて、なんなのですが、回答はでていません、、、

 

 

 

なので、分度器を使用して、狙った角度で研磨し、トライ&エラーを繰り返すと、ご自身のスケーティングフォームに合った、角度が必ず見つかるはずですので、是非色々挑戦してみてください。

 

 

なので、先ほどのブラックホークののメリットを御説明するときに、

2. 狙った角度で研磨できること  と記載しました。 『90度』で研磨ができる とは書いていませんよね。

 

 

他の研ぎ台は、高いわりに研磨角度も調節できないですしね、、、

 

 

 

メイプルの研ぎ台は、研ぎ台の上部に治具を付けることで、「地面と平行に研磨できるから90度に研磨できる」と解釈している方が非常に多いのですが、

 

 

そうではなく、

 

 

「治具を調節し、高さに差を出すことで研磨角度を調節できる」です。

まあ、だからといって、ブレード1点止めですので、どの角度に調節しても、ぐらぐら動いてしまうので、メイプルの研ぎ台ではどんな角度で研磨しても綺麗に研磨することができませんが、、、

 

 

 

なにはともあれ、今回の研磨角度に限らず、

「思い込み」や「先入観」でスピードスケートを捉えず、
大きな目や価値観でスピードスケートを捉えて、
いろんなことに挑戦して欲しいと思います。

 

 

 

この挑戦により、もし失敗したとしても、それは間違いなく「失敗は成功の母」です。

繰り返していくと笑顔で「失敗」を受け入れるようになります。

 

 

 

私の旦那は、現役の時に高速でマットに背中から突っ込み、瞬間的に呼吸困難になり、

呼吸を整えながら、「あーー、やっぱりな」ってにこにこしていましたから。

 

 

 

まあ、、、、頭おかしいですよね、、、

 

 

 

************************************************************

スピードスケート専門店 Speed Star
店長     : 中山 久美
電話番号   : 050-5534-5640
(不在の場合はメッセージを残しておいて頂ければ必ず折り返します)
メール     :  info@office-speedstar.com
お得な
メルマガ登録 : http://goo.gl/FRJPR
ブログ    :  http://blog.office-speedstar.com/blog/
ショップURL :  http://office-speedstar.com/
*************************************************************

小学生中学生向けスピードスケート用品販売

関連記事

no image

初心者のセット

あなたがスピードスケート初心者なら、今回のお話は熟読してください。 こんにちは。スピードスケー

記事を読む

平昌オリンピック始まりましたね

  平昌オリンピック始まりましたね     女

記事を読む

身体と道具の一体感

Bリーグの初代王者が決まりましたね。 田臥選手率いる栃木ブレックスが優勝しました。 &n

記事を読む

バイキングの新作サファイアの結果

急に寒くなりましたね、、、 北海道の方が暴風だったり、 本州も寒波に襲われたり、

記事を読む

サングラス (今日はどうでもいいお話です)

  昨日の久々のブログの更新にも、 たくさんの方が反応してくれました。待ってく

記事を読む

no image

ソチオリンピック ショートトラック男子1000m ロシアの時代が来るとは、、、

ソチオリンピック男子1000m、 ロシアの金、銀メダルで終わりましたね。  

記事を読む

スピードスケート ダイヤルゲージの限界の良い例え話

    日本で一番安くて、高品質なショップでありたいと思っているので

記事を読む

no image

メイプル、EVO等の引張りバネの交換方法

北海道はとんでもない寒さですね、、、 長野県も天気予報を見ているとなかなかの寒さです。

記事を読む

no image

マラソン川内選手から学ぶ試合で調整するということ

マラソン川内選手から学ぶ試合で調整するということについてお伝えしようと思う今回、 こんにちは。スピ

記事を読む

no image

早くも忙しくなってきました

すごく暑いですね!! 北海道は30度を超えています。 過ごしやすい天気ではないですね、、

記事を読む

小学生中学生向けスピードスケート用品販売
小学生中学生向けスピードスケート用品販売
no image
2018年シーズン準備を開始しよう

沖縄、九州が梅雨入りしましたね 5月は非常に暑い日も多く、

no image
世界オールラウンド選手権お見事

日本国内はすっかり春に向けて、 日々暖かくなってきているように思

no image
ロングトラックはシーズン終了でしょうか

ロングトラックはシーズン終了でしょうか。   &

no image
氷との対話

平昌オリンピックも終わりますね   冬季オリンピ

no image
大興奮の男子500m

  シーズンも終盤に差し掛かりました。 当ショッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑