*

シーズン初乗りの時にやらなければならないこと

公開日: : 最終更新日:2013/10/18 スピードスケート

シーズン初乗りの時にやらなければならないこと

こんにちは
スピードスケート専門店 Speed Starの中山です。

十勝オーバルでナショナルチームの合宿が始まりましたね。
全北海道の合宿も始まったとききます。

当ショップから、今年何人もの選手に
ブレードを販売させていただきましたし、ロックの加工を施しました。
すべての選手が去年以上の活躍をして頂ければこれ以上嬉しいことはありません。

さて、新シーズンが始まって、
まず必ずやらなければならないことはなんでしょうか。

「氷に身体を慣らす」
「感覚を呼び戻す」

といった回答が多く寄せられます。

っが、もう一度先程の2つの回答を読んでみてください。
どちらも、「去年のレベルに戻す」という受身的なニュアンスが強いんですよね。
(これはこれで非常に重要なのですが)

このような回答をする人は、
新シーズンで取り組みたいスケーティングフォームが自身の中で
確立されていないことが多いんですよね。

このブログやメルマガでも「計画」について触れてきましたが、

去年の自分の結果を受けて、
「次のレベルにいくには何が足りないのか」

この「何」の部分は、決して筋力や、体力ではありません。
(これを勘違いしている人が本当に多い、、、、)

「何」の部分は技術であり、これはスケーティングフォームを指します。

スケーティングフォームと一言でいっても、見た目のスケーティングフォームではありません。
(スケーティングフォーム=見た目と考えている人が非常に多いです)

【見た目のスケーティングフォーム】
・頭の位置
・背筋の保ち方
・腰の位置
・膝の位置、
・足首の位置

【スケーティングフォームの動き】
・どのように脚を運びたいのか
・切り返しの初動はどこか
・体重を乗せた時の上体はどのようにしたいのか
・手のふりはどうするか
・体重移動の際の、上体はどう保つか

等々、ざっとしか書いていませんが、
考えるべきことは、どんどんでてきます

これらが、シーズンの終了からシーズン初めまでに
考えなければなりません。

できればシーズン終了がベスト。
そのフォームに必要な筋力などがわかるからです。

新フォームをざっくりでもいいので確立すると、
必要な筋肉や、必要な体力が明確になってきます。

明確になった必要な筋力や体力を一生懸命練習することは至極当然ですよね。

逆にスケーティングフォームが確立されていないのに、
一生懸命筋力トレーニングや体力トレーニングを実施すると、
意味のないトレーニングをしていることがあります。(本当によくあります!!)

復唱になりますが、
「どんなスケーティングフォームで滑りたいか!!」
これを中学生以上の選手及び指導者の方は常に意識して、
そのスケーティングフォームを確立する為に、なにをしなければならないのかを
指導することが大事なのです。

筋力と体力だけで、結果が生まれるなら、
金メダルを採ることはそんなに難しいことではないですからね。
オリンピック選手は、どの選手も出来うる限りのトレーニングはやっていますから。

前置きが長くなりました。
(いつもの悪い癖です)

では、シーズンの初めての氷上では何をしないといけないのかについてですが、

それは

新しいスケーティングフォーム、新しい肉体に合った
ブレードの位置決めです。

スケーティングフォームが変われば、ほぼ100%ブレードの位置は変わります。
 ・体重移動の変更
 ・重心の位置の変更
 等々、、、容易に想像できますよね

また、肉体も変われば、ほぼ100%ブレードの位置は変わります。
 ・筋力が変わることによる、蹴り方の変更
 ・体重の乗せ方の変更
 ・体重のバランスの変更
 等々、、、これをわかっていない人は多いんですよね、、、

もう一度申し上げますが、

ほぼ100%変わります!!

習得した、スケーティングフォームと肉体からくりだされる力を100%氷に伝えなければなりません。
ここで、ブレードの位置を変更しないと、結局ブレードの位置に身体が支配されてしまい、
考えているスケーティングフォームを活かせなかったり、
肉体の力を思う存分発揮できないということがあります。

何を言いたいかというと、
そのスケーティングフォームと肉体からくりだされる100%の力を
ロスなく、氷に伝えることができるブレードの位置にしないといけないのです。
(これまでもブログ、メルマガで何回か触れてきました)

一に筋肉、二に体力  とおっしゃる方の多くは、
ブレードの位置をおろそかにしている人が多いんですよね、、、

時間的には、だいたいの位置決めに1日
少しずつスピードと周回を増やしながら、位置を修正するのに1週間
完全な位置決めに 1ヶ月
(最初から高速のスピード練習は取り入れないので)

少なくとも、これくらいの期間は必要です。

特に初日~1週間の位置決めは、
じっくり、丁寧に、焦らず取り組んで欲しいと思います。
ここで、位置が決まるとそのあとの練習の質が全く異なりますし、

位置決めの過程で、「こういう要素が足りなかったな、、、」と
夏の間にもう1段レベルアップすることが可能になります。

この位置決めはこだわり抜いて取り組んでくださいね

小学生中学生向けスピードスケート用品販売

関連記事

no image

シーズン突入の準備

暑さも一段落ですね。 秋雨前線がうろうろしており、 ぐずついた天気と、 台風が次か

記事を読む

バイキングの新作サファイアの結果

急に寒くなりましたね、、、 北海道の方が暴風だったり、 本州も寒波に襲われたり、

記事を読む

息子用(超初心者)ショートトラックのセッティング

先日熱整形の動画を見ていた方から、 息子用のブーツをなぜBontのJetにしたのかという問い合わせ

記事を読む

no image

強すぎる女子レスリング

本州は来週から涼しくなってくるようです。 東北や北海道は秋の様子と天気予報で報道されていました

記事を読む

no image

ロックを崩さないように研ぐ道具 23Rって何? 25Rって何?

スピードスケート専門店 Speed Starの中山です。こんばんは。 定規型のロックゲ

記事を読む

スピードスケートブレードの研ぎ目重要性

スピードスケートの研ぎ目の重要性については ロック作りマニュアルは、当ショップでダイヤルゲージを購

記事を読む

ロック管理の質問がありました

  シーズンはどこも終了しましたね。    

記事を読む

no image

刃物の街、岐阜県関市

岐阜県関市に行ってきました。 刃物の名産地で、 刃物について更に知識を深めていこうと思い

記事を読む

no image

ブレードの加工には最高の加工をすべき

スピードスケートの加工について、 ロック、曲げ、及び当ショップでしか実施していないサイド研磨加

記事を読む

no image

過剰スペックのブレード購入する必要はない

夜は大分冷えてきましたね。 スケートシーズンの到来を感じます。 っと同時にブレードの調整

記事を読む

小学生中学生向けスピードスケート用品販売
小学生中学生向けスピードスケート用品販売
no image
2018年シーズン準備を開始しよう

沖縄、九州が梅雨入りしましたね 5月は非常に暑い日も多く、

no image
世界オールラウンド選手権お見事

日本国内はすっかり春に向けて、 日々暖かくなってきているように思

no image
ロングトラックはシーズン終了でしょうか

ロングトラックはシーズン終了でしょうか。   &

no image
氷との対話

平昌オリンピックも終わりますね   冬季オリンピ

no image
大興奮の男子500m

  シーズンも終盤に差し掛かりました。 当ショッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑