*

ブラックホーク以外のスピードスケート用研ぎ台は滑走面がこんもり丘になる

公開日: : 最終更新日:2014/08/12 スピードスケート

台風8号さ通過したと思えば、

とんでもない高気圧に覆われて、暑さがたまらないですね。 

湿度も高いので、練習するにはあまり良い環境とは言えません。

時間や、場所を工夫して、集中してトレーニングできるように努めないと、

集中力の欠落により。ちょっとした不注意による事故や、負荷に耐えられず怪我など、

引き起こす可能性があります。

 

 

もう間もなく十勝ではリンクが開きますので、

このタイミングで怪我などに合わないよう、選手本人もですが、

特に指導者様の方で臨機応変に対応していただきたいと思います。

 

 

 

この時期は追い込むことも大事ですが、

練習過多を「止める」ことも重要ですからね。

 

 

 

さて、リンク開きを前に、ブレードや靴の注文が続々と届いており、バタバタしています。

ロックや曲げの調整も引き続きたくさんの御依頼があり、やれどもやれども減りません、、、・

研ぎ台や、砥石も新調される方が多く、たくさんのご質問をいただいております。

 

 

 

2~3日前に、全日本の強化選手の方から、当ショップでお勧めしているブラックホークについてお問い合わせをいただきました。

 

 

 

他の研ぎ台と迷っているらしく、なぜブラックホークをお勧めしているのかを教えて欲しいとのこと。

ショップの商品ページや、ブログでお伝えしていたつもりでしたが、力不足でした、、、

 

 

 

 

その方からの質問に回答したことを紹介したいと思います。

 

 

 

 

その方は指導者様からも研ぎ台を勧められており、

その研ぎ台とブラックホークを悩まれているとのことでした。

 

 

 

 

~~~~ここからが当ショップがその選手にご回答した内容です~~~~

 

 

トップの選手や指導者の方は、「経験」に基づく強烈な固定概念と哲学を持っているので、

他の研ぎ台の仕様に際して、理解してもらうことは相当難しいと思います。

(いろんなコーチや指導者を見てきた方はよく解るかと思います)

 

 

 

ましてや、このブラックホークは15年前からデザインも変わっていないし、

最近の派手な研ぎ台に比べると見た目も地味です。

見た目のハイテク好きな方からは嫌煙されるでしょう。

 

 

 

この大前提を踏まえて、トップ選手や指導者の固定概念を覆すことは非常に難しいと思います。

 

 

 

ただ、指導者様のイエスマンになる必要ないと思います。

イエスマンになっても、記録を保証してくれるわけではないですからね。

 

 

 

一番重要なのは、、選手自身が「どの研ぎ台を使いたいのか」を論理的、物理的に御理解された上で、

選手自身が強く「○○だからこの研ぎ台をおれは使うんだ」と思うことが一番大事です。

 

 

「○○コーチに言われたから」

「○○さんが使っているから」

 

 

はたまた

 

 

「スピードスターが勧めているから」

 

 

 

っという理由で選ぶべきではないですし、

当ショップもこういう理由で選ばれると少し寂しいです。

 

 

 

その指導者様がすばらしく柔軟な方で、

物理的、論理的な理解及び、

その方が勧めてくれる研ぎ台について、物理的論理的な説明をしてくれるかがすごく気になります。

 

 

 

「すごく綺麗に研げるんだ」とか

「○○のナショナルチームは全員これを使っている」とか

「○○選手はこれを使っている」など

 

 

 

こういうような説明ばかりなときは、疑った方がいいかもしれません。

 

 

 

なぜなら、その指導者様はこの研ぎ台の良さについて何もわかっていないということと同義なので。

 

 

 

っというのを踏まえてブラックホークの良さについて説明します。

研ぎ台に求められる要素は2つだけです

 

 

1つ目 ブレードを固定すること

滑走面を綺麗に研磨するには、ブレードが動かないことが重要です。

研ぎ台の話の前に、「固定する」ということを説明すると、

物体は1方向について2点以上で固定しないと固定することはできません。

ブラックホーク以外の研ぎ台は、ブレードの前後の2点で固定していますが、

上下では1点でした固定できておりません。なので靴をもって左右に動かすと簡単に動いてしまいます。

ブレードが左右に動くと滑走面が山状、丘状になってしまいます。

転倒のリスク、グリップ不足によるスピードのロスが発生します。

【固定の必要性の動画】

【ガイドの意味がない説明動画】

 

 

2つめ 適切な角度に調節できること

皆さん90度が一番だと思われていますが、果たしてそうでしょうか?

ショートトラックではグリップ力を増す為に、89度に設定している方も多くいらっしゃいます。

 

 

では、ロングトラックも一緒でしょうか?

89度にすることで、氷に食い込みすぎて、これがロスになってしまうことも考えられます。

逆に91度や92度の鈍角にすることで、食い込みを減らして、抵抗を低減することも有効かもしれません。

角度調節で、抵抗について深く検討することも必要かと思います。

 

 

90度なら90度でも結構です。

ただ、ブラックホーク以外の研ぎ台では、

角度調節の機能がついていないので、それはもうすごい角度で固定されてしまいます。

オリンピック選手のブレードを大会後に拝見する機会があったのですが、

それはひどい状態でした。

 

 

 

その研ぎ台の機能や、構造を知って、

研ぎ台を選ぶことが重要です。

 

 

~~~~~~内容ここまで~~~~

 

 

 

 

上記の動画はお問い合わせをいただいた選手の為に、撮影し説明させていただきました。

 

 

 

 

いつも申し上げていますが、

買う買わないは別として、「知っていただきたい」という想いで、

いつもお客様のご質問には回答しています。

 

 

 

いつでも遠慮なく、お問い合わせください。

 

 

 

追伸1  これ以上の砥石はありません!!

良いブレードは良いメンテナンスにより、その潜在能力を発揮します。

去年、本当に多くの方から、嬉しい評価を頂いたこちらの砥石は使用されましたでしょうか?

・研磨砥石 : DMT砥石

・サイドストーン : 安藤工作所ルビーサイドストーン

砥石も、サイドストーンも無料レンタルしています。

こちらももちろん買わなくて結構です。 是非、まずは手に取って使ってみてください。

 

 

 

追伸2

スピードスケートの道具や練習などで悩んでいませんか?

電話は夜中の23時まで受け付けていますし、22時でも23時でもたくさんの方が利用されています。

悩みを放置することが、好記録への成長を止めてしまいます。

初心者、オリンピック選手、選手の保護者様、どなたでも結構です。

オリンピックでの金メダルの取り方から、

記録向上のトレーニング方法について、

購入するしないは、まったく無視していただいて結構ですので、

遠慮することなく、連絡ください。

 

 

 

追伸3

ロックの管理はしていますか?

ショップやコーチに任せきりにならず、

ダイヤルゲージを使用して、ご自身でしっかり管理してくださいね。

無料レンタルもしていますので、「まず使ってみてくださいね」

http://office-speedstar.com/?pid=60801742

 

 

 

追伸4

昨年大ブレークしたマーケージの靴がバージョンアップしました。

唯一強度が弱かったファスナー部分が改変されました。

すさまじい軽量ブーツで、昨年当ショップから購入された方も多くの方が記録を更新し、

有りがたいお言葉をいただきました。

http://office-speedstar.com/?pid=55995684

 

 

 

追伸5

ロックの修正や、ロックの加工の依頼が殺到しており、

本当に手があと10本は欲しいと思います。

やれどもやれども増えていくばかり、、、

それでも、良いブレードは良いスケーティングフォームを作ってくれますので、

魂を込めて、全力で加工しています。

他業者で購入したから対応しない等、そういうことは一切ありませんので、

「なんとかしたい!!」と思っている選手は、是非お問い合わせください。

最近、「そもそも崩れているかどうかがわからない」という方が多いです。

これまで、このような方のロックは100%崩れていましたので、

そういった方も是非ご活用くださいね。

 

 

 

追伸6

日本がオリンピックでメダルを取得するための当ショップの最大の責務は

この究極の加工をどれだけ普及させるかです。

これまで、どれだけのオリンピック選手にこのブレード加工を施工してきたでしょうか。

ロックや曲げも重要です、それよりもなによりも重要なことがあります。

http://blog.office-speedstar.com/blog/?p=394

施工するしないは別として、「知ること」がとても重要です

 

 

 

追伸7

ブレードの滑走面の抵抗についてきちんと知りましょう。

研ぎ方一つでタイムがびっくりするほど変わります。

http://blog.office-speedstar.com/blog/?p=415

 

 

 

************************************************************

スピードスケート専門店 Speed Star

店長     : 中山 久美

電話番号   : 050-5534-5640

(不在の場合はメッセージを残しておいて頂ければ必ず折り返します)

メール     :  info@office-speedstar.com

お得な

メルマガ登録 : http://goo.gl/FRJPR

ブログ    :  http://blog.office-speedstar.com/blog/

ショップURL :  http://office-speedstar.com/

*************************************************************

小学生中学生向けスピードスケート用品販売

関連記事

no image

ロングトラックはシーズン終了でしょうか

ロングトラックはシーズン終了でしょうか。     続々とメンテ

記事を読む

no image

下町ロケットに共感する『夢』

  毎週日曜日9:00~放送されている、阿部寛さん主演の下町ロケットを毎週見ているの

記事を読む

no image

速くなりたい高校生からの質問

速くなりたい貪欲な方からのお問い合わせやご質問を大変多くいただきます。 これまでお問い合わせい

記事を読む

no image

謹賀新年  2015年 スピードスター始動

明けましておめでとうございます。 2015年が終わりました。ソチオリンピックから早1年が経過し

記事を読む

no image

「疲労」「疲労感」との闘い!!

猛暑、、、 四季のある日本では避けて通れない天候ですね。    

記事を読む

祝 女子500m金!!!!

大興奮のレースでした。 ただ一人36秒台と圧巻な内容だったかと思います。  

記事を読む

no image

春ですね

  2016年4月10日現在ですが、 ブレードの加工待ちがとんでもない量になっ

記事を読む

靴、ブレード、研ぎグッズ 少量ですが在庫入荷しました

急激に寒くなりましたね、、、 東北、北海道については猛烈な吹雪と聞いています。 無理せず

記事を読む

サファイアとツインレーザーの違い

  2018年全中が開幕しましたね。 昨日は少し暖かかったのですが、 今

記事を読む

付け心地最高のグローブ

スピードスケートのユースオリンピックが始まりましたね。 ノルウェーのリレハンメルで開催されています

記事を読む

小学生中学生向けスピードスケート用品販売
小学生中学生向けスピードスケート用品販売
no image
2018年シーズン準備を開始しよう

沖縄、九州が梅雨入りしましたね 5月は非常に暑い日も多く、

no image
世界オールラウンド選手権お見事

日本国内はすっかり春に向けて、 日々暖かくなってきているように思

no image
ロングトラックはシーズン終了でしょうか

ロングトラックはシーズン終了でしょうか。   &

no image
氷との対話

平昌オリンピックも終わりますね   冬季オリンピ

no image
大興奮の男子500m

  シーズンも終盤に差し掛かりました。 当ショッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑