*

サプリメントの必要性

公開日: : 最終更新日:2013/10/19 スピードスケート

サプリメントの必要性について少しお話したいと思います。
こんにちは。スピードスケート専門店スピードスターの中山です。

今日は仲秋の名月ですね。すごく綺麗に月を見ることができました。

最近、「スピードスターさんはロックやブレードのメンテナンスに拘りがある店」とよく言われます。まあ、間違ってはいないのですが、同じくらい、トレーニングメニューやサプリメントなどのスポーツ科学の勉強もよくしていますし、自信を持っています!

スポーツ選手にとって超重要なプロテインのお話

スピードスケートに限らず、どのスポーツもそうですが、技術力が勝っている選手が高記録を出せる可能性が高いことは間違いがありません。スピードスケートにおいては、理想とするスケーティングフォームを維持する為に、必要な筋肉をつける必要があります。

どの競技のトップ選手もそうですが、筋力で金メダルがとれるなら、皆さん筋力トレーニングばかりしているはずです。メダリストやプロの選手達は、筋力トレーニングばかりしているかというとそうではありません。多くの時間を割いているのかというとそれも違います。

トップ選手が行う筋力トレーニングの秘密

トップ選手達は、筋力トレーニングはできる限り短い時間で終えようと努力しています。そして、今の自分よりも良い結果を出すための新技術の取得に全力を注いでいます。そのため、効率の良い練習方法効率の良いエネルギーの摂取が必要なため、メダリストやトップ選手達はサプリメントを摂取しているのです。

はっきり言いましょう、

高記録=筋力や体力 と考えている選手は、2流どころか3流以下のスポーツ選手です。

決して不要といってるわけじゃないですよ。絶対に必要です。絶対に必要なので、「基礎体力」なのです。

今日は初歩中の初歩ですが、最も重要且つ、あまりきちんとした理解がされていない「プロテイン」についてお話したいと思います。

プロテインを理解するということ

おすすめのプロテイン

プロテイン=筋肉をつけるためのものではない

「プロテインは筋肉をつけるために飲むものである」
こういった理解をされている方が非常に多くいらっしゃいます。
日本語の使い方としては、間違ってはいないのですが、、、

プロテイン ⇒ Protein ⇒ タンパク質  なのです。

ここまで説明しても「タンパク質なら筋肉じゃないか、、、」とおっしゃる方がいらっしゃいます。
まず、この理解の是正から始めましょう。

そもそも人の体の60%~70%は水分でできています。そして、タンパク質は20%を占めています。
水分を除くと、人体のほとんどがタンパク質でできています。

運動で汗をかき、喉が乾き、水分を欲しますよね?皆さんはスケートリンク脇に置いてあるペットボトルのスポーツドリンクを飲むでしょう。同じくらい、体はタンパク質を欲しています。
「喉がかわく」という体感が無いだけで、痛めつけられた筋肉、高負荷な状況におかれた呼吸器官、内蔵、みなさんの人体における様々な組織がタンパク質を欲しがっていますので、水分同様補給してあげないと、その部分は損傷しっぱなしです。

プロテインはトレーニングで損傷した筋肉の回復を促進する

人間の身体はすごく良くできています。まさに、工場です。痛めつけられた筋肉、呼吸器官、内蔵を修復する為に、既存の筋肉や呼吸器官、内蔵を分解して、タンパク質を作り出し、痛めつけられた部分を補修するのです。

わかりますか? 既存の筋肉等を分解するのです。

毎日、必至に取り組んで積み重ねてきた筋肉を分解されてしまうのです。トレーニングの意味が全くなされなくなってしまうんですよね、、、。

プロテインで免疫力の低下を予防

さらに、呼吸器官、内臓系も損傷しますので、免疫力が低下し、病気にもかかりやすくなってしまうこともお忘れなく。一流選手はこの免疫の低下に対して最も気を遣っています。病気になり、パフォーマンスが低下したまま試合当日を迎えると取り組んできたこと全てが無駄になりますから。

どれくらいのたんぱく質を摂取しないといけないのか

スポーツ選手にとって必要なタンパク質は1日2g~3gと言われています。

体重60kgの男性選手の場合
60kg x 2.5g = 150g のタンパク質が1日に必要になります。

100g当たりのタンパク質含有率
肉類:20g
卵  :12g
牛乳:3.5g

肉だけで考えると、750gを食べなければ必要なタンパク質量を摂取できず、自らの筋肉を分解されてしまいます。「750gくらいぺろりと行けますよ、375gx2回でしょ?」と答える方がいらっしゃいます。大事なのは摂取するタイミングです。限界まで追い込み、厳しいトレーニングをした直後に200gのお肉を食べれますか?食べれると答えた方は、追い込みが足りないので、もっともっと追い込んでください。また、375gのお肉を食べると漏れなく脂質(脂肪)も一緒についてきます。「じゃあ、ササミや魚を食べばいいじゃないですか」と言われる方もいらっしゃいますが、味気のない、これらの食品を1日750gはキツイですよ、、、

タンパク質を摂取する必要性について理解していただきましたでしょうか?

「そうか、体がタンパク質を欲しているから、タンパク質を補給してあげないといけないんだ!!」も間違いではないですが、もう一度言います。プロテインを摂取する必要性は下記2つです

1.可能な限り技術力向上の為の時間を捻出する目的から、筋力トレーニング時間を短くする為

2.呼吸器官、内臓系の損傷による免疫力低下を回避する為

この二つを徹底的に意識してください。

世界を相手にするならこのプロテイン

小学生中学生向けスピードスケート用品販売

関連記事

no image

2016年シーズン開幕

過ごしやすい季節になってきましたね ロングトラック、ショートトラック、共に開幕しました。

記事を読む

スピードスケートの遠心力をモノにしよう

  陸トレがんばっていますでしょうか。 この6月、7月の取り組みが今年度の成績

記事を読む

新ダイヤルゲージ

あっという間に年末ですね。 ほとんどの選手はここから最後の追い込みに入るはずです。 主要

記事を読む

no image

モチベーションコントロールの重要性

スピードスケート専門店 Speed Starの中山です。こんにちは。 今日は道具とは少

記事を読む

no image

シーズン突入の準備

暑さも一段落ですね。 秋雨前線がうろうろしており、 ぐずついた天気と、 台風が次か

記事を読む

サングラス (今日はどうでもいいお話です)

  昨日の久々のブログの更新にも、 たくさんの方が反応してくれました。待ってく

記事を読む

no image

過剰スペックのブレード購入する必要はない

夜は大分冷えてきましたね。 スケートシーズンの到来を感じます。 っと同時にブレードの調整

記事を読む

no image

高校生から更なる質問がありました

ここ最近天気がいいですね。 トレーニングを再開するには絶好のトレーニング日和ではないでしょうか

記事を読む

no image

謹賀新年 2017年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます 本年も皆様にとってご多幸がございますようお祈り申し上げます。

記事を読む

no image

メイプルが倒産したというガセネタが、、、

  『メイプルが倒産したと聞きました』 とか 『メイプルが倒産してもうツインレ

記事を読む

小学生中学生向けスピードスケート用品販売
小学生中学生向けスピードスケート用品販売
no image
2018年シーズン準備を開始しよう

沖縄、九州が梅雨入りしましたね 5月は非常に暑い日も多く、

no image
世界オールラウンド選手権お見事

日本国内はすっかり春に向けて、 日々暖かくなってきているように思

no image
ロングトラックはシーズン終了でしょうか

ロングトラックはシーズン終了でしょうか。   &

no image
氷との対話

平昌オリンピックも終わりますね   冬季オリンピ

no image
大興奮の男子500m

  シーズンも終盤に差し掛かりました。 当ショッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑