*

今シーズン、どのブレードを選ぶべきか

公開日: : 最終更新日:2013/10/17 スピードスケート

今シーズン、どのブレードを選ぶべきか。
こんばんわ。
スピードスケート専門店 Speed Starの中山です。

次のシーズンに向けて
新しいブレードに切り替える方が増えています。

ダントツでの受注数はViking Nanoflexですね。
確かに軽いですし、スラップシステムの構造は
工夫されているように見えます。

VikingやMapleのブレードについては、
記録もでているので、皆さんの選択肢には入っていると思いますが、
前回も紹介した、マーケージのブレードについてお話したいと思います。
(決してマーケージの回し者じゃないですよ、、、)

まず、現在のブレード業界について簡単に説明します。

選択肢としては、
 Viking NanoFlexのみ
 Mapleはコメットレーサーかツインレーサー以上
 Marcheseは最上級者は953、廉価版が525。
 Rapsは選択肢としては無し

です。

まず、Vikingですが、スラップシステムの仕様ですが、
世の中の基本が引っ張りバネになっています。
その為、一世を風靡した、Viking Naganoシリーズは全て
選択肢として外れてしまいます。

もし、Nagano(ナガノ)シリーズと同じバネの仕様に優位性があるのなら、
新しいNanoflex(ナノフレックス)でも同じバネの仕様を選択したはずでしょう。

そして、RAPSを選択しない理由としては、
2011年にMAPLEに買収されてから、ブレードに力を入れていません。

昔はV12というRAPSの中では最高級のブレードがあったのですが、今は作っていません。
メイプルの中でもツインレーサー系ブレードの方が、
素晴らしいと判断したのか、競合することで販売数が落ちるのを懸念したのか
いずれにせよ、V12は既に生産されていませんし、究極のブレードを作る体制にはなっていません。
なので、RAPSは選択肢としてありません。

Marcheseのブレードは物理的、素材的には最も高機能なブレードです。

【物理的優位性について】

メイプルもバイキングも、チューブでブレード部分を挟み込み、
溶接しています。

一方でMarcheseはチューブに直接溶接しています。
強度として大丈夫か、、、、と思ってしまうのですが、問題ありません。

画像クリックで拡大

画像クリックで拡大

ポイントは、面積です。
蹴る力が、マーケージの場合は、ほぼ点で捉えれるのに対し、
他のメーカーのブレードは、挟み込む部分がマーケージに比べて広い為、
力が分散してしまいます。ここに物理的な優位性があります。

【素材的優位性について】
滑走部分はメイプルもVikingもMarcheseも全て同じです。
彼らの仕入れ元も全部同じです。

異なるのはチューブ部分です。
レイノルズ525も953も鋼管素材としては、世界で最高峰の素材です。
強度が強いとそれだけ、力もぶれません。

Record525とRecord953では個人的には953をお勧めします。
953については、ブレード部分にはPM(パウダーメタル)を使用しているからです。
理由は、耐摩耗性が通常のHSS(ハイスピードスチール)に比べて格段に高いからです。

耐摩耗性が高いとどういうメリットがあるのか、、、

・レース後半でのグリップ力の維持 ⇒ レース後半まで良いスケーティングフォームの維持
・練習後半までのグリップ力の維持 ⇒ 練習後半まで良いスケーティングフォームの維持

です。

グリップ力がなくなるとどうなるかというと、

速く滑りたい欲望を抑えきれずに、蹴り始めます。

こうなってしまったら、その日の練習は全て意味がなくなってしまいます。
レースなら、蹴り始めた瞬間からスピードが乗らなくなり、その瞬間にレースは終わったも同然です。

そして、蹴る滑りがクセついてしまうと、それを元に戻すのは本当に
すごく多くの時間と努力が必要になります。

ただ、PMを使用しているブレードは高いので、
経済的なところが許せばですが、、、(限界まで値段は下げてるんですけどね、、、)

PMじゃないブレードの中で、高性能のブレードとなると、

Vikingにもメイプルにも選択肢がないので、

MarcheseのRecord525しかありません。

今年はどんなブレードでどんなスケートをされますか?

なにかございまいしたら、なんなりとご連絡ください。

小学生中学生向けスピードスケート用品販売

関連記事

no image

スピードスケート | 次世代ブレード

  スピードスケートシーズンが終わりました。 続々とメンテナンスの依頼でブレー

記事を読む

no image

システムサイズとブレードサイズ

システムサイズとブレードサイズ こんにちわ スピードスケート専門店 Speed Starの中

記事を読む

no image

マーケージの靴の軽さの重要性

マーケージの靴の軽さの重要性 こんにちは スピードスケート専門店スピードスターの中山です。

記事を読む

no image

シーズンが終盤に取り組むこと

シーズンも終盤ですね。 各地域でもシーズン最後のレースが見えてきているのではないでしょうか。

記事を読む

付け心地最高のグローブ

スピードスケートのユースオリンピックが始まりましたね。 ノルウェーのリレハンメルで開催されています

記事を読む

no image

サプリメントの必要性

サプリメントの必要性について少しお話したいと思います。 こんにちは。スピードスケート専門店スピード

記事を読む

ブレードメンテナンス③ 研磨量

  晴れの日一転、梅雨っぽい天気が続いていますね。 じめじめして過ごしにくいこ

記事を読む

no image

全日本距離別で当ショップ商品使用者の表彰台続出

  スピードスケート全日本距離別選手権大会で当ショップの商品を使用した優勝者、

記事を読む

タイムに差が出る研ぎ目の重要性

今日は、研ぎ目の話です。 「またメンテナンスかよ~」と思われたかたいらっしゃいますでしょうか?

記事を読む

no image

ソチオリンピック選考会

  明日を残して、続々とオリンピック選手が決まっていますね。 当ショップから購

記事を読む

小学生中学生向けスピードスケート用品販売
小学生中学生向けスピードスケート用品販売
no image
2018年シーズン準備を開始しよう

沖縄、九州が梅雨入りしましたね 5月は非常に暑い日も多く、

no image
世界オールラウンド選手権お見事

日本国内はすっかり春に向けて、 日々暖かくなってきているように思

no image
ロングトラックはシーズン終了でしょうか

ロングトラックはシーズン終了でしょうか。   &

no image
氷との対話

平昌オリンピックも終わりますね   冬季オリンピ

no image
大興奮の男子500m

  シーズンも終盤に差し掛かりました。 当ショッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑